HRV analysis 心拍変動解析による自律神経検査
トップページTsukiji_Futaba_Clinic.html
 
  1. 箇条書き項目 心拍変動解析用機器

 当院で行う心拍変動解析では、現在、右にお示しするような機器を用いています。

 この機器は本来研究用の機器ではありますが、医療機器としての認定も受けています。安全性は全く問題ありませんが、防水加工はされていません。また、測定に使用する電極シールで、まれに肌荒れを起こす事があります。

 自律神経機能をしっかりと把握する為には24時間の計測が必要な為に、現時点ではこの検査の時には入浴・シャワーのどちらも出来なくなってしまっていますので、ご了承下さい。

 検査では、右下の写真のように装置から伸びた電極を取りつけ、帰宅して頂きます。24時間後に取り外し、当院にて解析を行います。通常の医療機関で行われる『ホルター心電図検査』と全く同様の手順です。

 尚、当院は心拍変動解析技術の臨床応用に向けたガイドライン作成メンバーの一員であり、この検査は充分な個人情報管理の下、その為のデータ収集目的も含めて行われますので、あらかじめご了承下さい。

トップページへTsukiji_Futaba_Clinic.html