HRV analysis 心拍変動解析による自律神経検査
トップページTsukiji_Futaba_Clinic.html
 

心拍変動解析による自律神経検査から見たリラクゼーションマッサージの効果

 心拍変動解析を用いた自律神経機能の検索はこれまでにも多くの成果を挙げています。

 その中の一つに『リラクゼーションを目的としたマッサージのもたらす自律神経への作用の検討』と言うのがあります。

 このデータは、事前に心拍変動解析によって『交感神経が持続的に亢進状態にある』事を確認した被験者の方に同じアロママッサージを頻度を変えて行い、そのマッサージ中の自律神経の変化と、継続的な効果を検討したものです。

 これによれば、確かに今回用いたアロママッサージは施術中に大きく交感神経の緊張を和らげ、同時に副交感神経を活性化させる事、即ち『緊張をほぐしリラックス効果をもたらす効果がある事』が確認されますが、同時にその効果は殆ど施術中に限定されている事が確認されました。

 また、そのマッサージを、毎週・隔週・月1回の各々の頻度で行い、継続的な効果を確認したところ、月1回の群には交感神経の緊張緩和効果は全く認められず、少なくとも、今回用いたアロママッサージに限っては、概ね2週間に1回以上の頻度でないとマッサージによる日常的な交感神経の緊張緩和効果は望めないものである事が分かりました。

 これまで、あくまでも患者さんの週間によってしか判断出来なかったこのような施術の効果を客観的なデータで把握出来る可能性が出てきた事によって、『その人の緊張をほぐすのに本当に有効な手段はなんであるのか』をより正確に検証出来る可能性が生まれてきたと言って良いでしょう。

アロママッサージ中の自律神経活動性の変化

交感神経神経の変化

副交感神経神経の変化

交感神経、副交感神経の、マッサージ前後及びマッサージ中の活動変化を示しています。緑の枠で囲われているところがマッサージ中です。マッサージ中は交感神経が顕著に鎮静化し、副交感神経がしっかり活性化されていますが、マッサージ終了と同時にその効果が失われている事が確認出来ます

アロママッサージの継続による交感神経の緊張緩和効果

A群が毎週、B群が隔週、C群が毎月の頻度でアロママッサージを行った被験者のグループです。マッサージ開始前の時点での交感神経の緊張度を1とした場合の相対的な変化を示しています。グラフ上から、隔週のB群と毎週のA群は施術を重ねる毎に交感神経の緊張度が下がって行く事が確認されますが、月に1回の頻度でしかないC群では、交感神経の緊張が殆ど改善されていない事がわかります。

2006抗加齢医学会発表資料より抜粋(発表者:浦田彰夫、共同演者:鎌田徹)

トップページへTsukiji_Futaba_Clinic.html